前へ
次へ

飲酒運転での交通事故に注意する

交通事故はドライバーにとって常に意識しなければいけない事です。
特に自分の過失によって事故を起こした場合は刑法にも違反してくるので人生が狂うような事態に発展してしまうこともあります。
そこで、ドライバーがまず注意しなければいけないのが飲酒運転です。
文字通り、お酒を飲んだ後にすぐに運転することによって飲酒運転になります。
もし、飲酒運転で交通事故を起こした場合は飲酒運転と事故の2つの罰則を受ける必要がありかなり罪が重たくなります。
そもそも、飲酒運転自体の罪もかなり重たくなっているので事故を起こせば起訴猶予などがつかないこともあります。
また、体の中にアルコールが入った状態で運転すると、感覚神経や運動試験に大きな影響がでてしまい正常な運転ができないようになります。
つまり、交通事故を起こす危険度が増して最悪の事態に発展するケースが多いです。
もし、外出してお酒を飲む予定の場合はタクシーなどで現地に向かって自分が運転しないようにします。

Page Top