前へ
次へ

交通事故の過失割合の決め方

交通事故を起こしたとき自分の方の不注意で過失を起こしたものなのか、相手もそうなのかにより過失割合が変わって来ます。
当事者同士に過失がある場合、それぞれの契約する保険会社の担当者が事故を精査して話し合いを行います。
結果それにより過失割合が決定します。
保険会社が判断の基準とするものは過去の交通事故の裁判記録です。
この裁判例と実際に起こった事故の類似点などを、検証してそれに修正を施して過失割合を決定します。
四輪車同士の事故で直進車同士の交差点内での事故の場合は、信号機には従うことがルールなので通常青で直進してきた方に過失はありません。
逆に赤で直進した方は、信号無視なので100パーセントの過失割合となります。
しかし信号の変わり目で発生した事故は双方に過失がある可能性があります。
また青信号を渡る歩行者と赤信号を無視して進入し事故を起こした四輪車の場合は、歩行者はどのような場合であっても責任を問われることはありません。

Page Top