前へ
次へ

交通事故から身を守るには

外出しないわけにはいかないのが今の世の中でして、外に出れば多少なりとも交通事故にあう危険があります。
歩道を歩いている分にはよほどのことがない限り車が突っ込んでくるなどトラブルは少ないですが、車に乗っていると常に危険と隣り合わせです。
交通事故から身を守るには、基本的に他車に近づかないこと、安全を確認しながら運転をすることが第一です。
歩行者の場合は音や自分の立ち位置などで迅速な対応ができますが、車だと常に移り変わる状況に自分の対応能力が追い付かない可能性もあります。
気候によって交通事故が起こりやすくなることもありますし、特に雪が降っていたり路面が凍結していると予期せぬ車の動きがあって大変です。
これらはあらかじめ予測することができる部分はしっかりと危機回避できるようにしておけば、安全に通行することができます。
安全装置などがある車に乗り換えたり、常に安全を意識した運転をすることで、自分がトラブルを引き起こす可能性は格段に減ります。

Page Top