前へ
次へ

交通事故を起こしてしまった場合の罰則

車やバイクを運転している時には、運転ミスや不注意などによって交通事故を起こしてしまう事があります。
もし、事故を起こしてしまい誰かを傷つけてしまうと法律によって罰則を受けることが多いです。
例えば人身事故で良く適用されるのが過失運転傷害罪になります。
自分が原因で起こした事故で相手に怪我をさせることによってこの罪を受ける事になり、民法と刑法で罰則を受けることが多いので過失による事故をなるべく防ぐように努力しなければいけないです。
さらに、危険な運転をして誰かをひいてしまったりすると、危険運転致死傷罪に問われることがあります。
先ほどの過失運転よりもかなり重たい罪になるので車やバイクを運転する以上は、危険な運転を避けるように意識して運転していく必要があります。
このように、自分の過失によって起こした人身事故は法律違反によってかなり重たい罪になることがあるので常に安全運転して自分のミスで交通事故が起こらないように注意します。

Page Top