前へ
次へ

交通事故で気になる過失割合の決め方

交通事故に遭ってしまった際に気になる点はいくつかあると思いますが、過失割合の決め方が気になるという人もいるかと思います。
この場合は具体的にどうという割合は決められませんが、双方の当事者の言い分と、過去の判例を照らし合わせて過失割合が決められます。
ただ、交通事故の種類ごとに基本の過失割合というものがあり、それを基準に個々の場合において最終決定を行います。
例えば、片方が一方通行を違反していた場合の基本割合であれば、違反をしていた方の基本過失割合が80%、無違反の車の方が20%といった具合です。
これに違反をしていた方にさらなる過失は無かったか、無違反の方もきちんと注意を行っていたか等の状況を両当事者と、弁護士等との話し合いによって最終的な過失割合が決定します。
この際に、自分に有利になるように嘘もしくは過大な表現をする人もいますが、監視カメラや自己の時間の信号機の状況もきちんと調べられるので、そうした虚偽の申告はしないでください。

Page Top